FC2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
メタセコとvidroと背景球(さわり)
2010-04-05 Mon 11:11
とりあえず先週~週末にかけては、ほとんどメタセコを立ち上げるヒマがありませんでした。

なので、vidroでHDRIを背景に使った時の注意点というか、一口メモを。


とりあえずHDRIと完全鏡面反射をセッティング。

neko20_test___.png


メタセコの視点位置のままでレンダするとこんな感じに。
とりあえずモデルの雰囲気だけ見たかったので、背景がボケてて調度良いです。


でも背景も映したい場合はどうするの?

…という話ですが、その場合はメタセコの視点設定で「奥行き感」のスライダーを調整します。

neko20_siten00.png

左に動かすと奥行き感が強くなり、焦点距離が変わります。

ただ、あまりやりすぎると、パースがキツくなりすぎてモデルが歪んでしまいます。
ほどほどに調節して下さい。

ついでに言うと、この操作を行う場合は、焦点位置をモデルのどこに置くかを設定した方が良いでしょう。

「選択部属性」の「選択部を視点回転の中心に」や「選択部に視点をフィット」等の操作を行ってから、視点中心とパースのかかり具合を調整した方が良いと思います。

neko20_siten01.png





実は最初の画像…

neko20_test___.png neko20_test2.png neko20_test3.png
(左:最初の写真、中:奥行き感を少し設定、右:引き)

…こんな背景だったりしますw


(2010.04.06.09:20)
画像化けしてたので修正しました…(´∀`;)
スポンサーサイト
別窓 | vidro | コメント:0 | トラックバック:0
<<近況報告 | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | メカとボーンとアンカーと>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。