fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
全容が把握できません
2010-02-01 Mon 09:49
前回のimoceaの粘土機能について書きましたが、ある程度ポリ数ないと上手くいかないけど、あまり増やすと後から収集つかなくなりますね。
メタセコ標準の頂点数調整を使うと三角面だらけになるので、少し削ってQuadify→少し削ってQua…とかやってみたのですが、あまり具合が良くないです。

それでポリリダクションに使えそうなフリーのツールを探していたら、良さげなモノを見つけたので紹介…

MeshlLab
http://meshlab.sourceforge.net/

Windows/Linux/MacOSとクロスプラットフォームなオープンソースのフリーウェア?で、リトポロジ、3Dペイント等々の便利な機能があるみたいです。
入出力可能なフォーマットもかなり多いので、単純にコンバータとして考えても高機能ですな。
同様な機能はblenderあたりなら既に実装されているのかもしれませんが、触ったことがないもので…

…しかし、日本語での情報がほとんどないので、正直よくわかりません ( ̄д ̄;
どんな便利な機能があってどう使うものなのか…とか、まずは用語の意味を調べるあたりから始めないと…というレベルですし、自分( ̄- ̄;
時間が取れたらちょっと弄ってみたいと思うのですが、年度末が近付いて割といっぱいいっぱいになりつつあります。
どなたかお試しレポをお願いします~状態です orz

(日本語トップもあるにはあった↓)
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_meshlab/
http://japanese.osstrans.net/software/meshlab.html

こいつの使い方を…と検索していたら、某板の過去ログに記述を発見
→ttp://www51.tok2.com/home/msa4kudo/nanoha3dcg/index.php?res=6716
この中に6670さんがリダクション等を試したpdfがあるので、それが参考になりそうです。

ちなみにその方のサイト
http://infohigh.server.ne.jp/compon/
3Dスキャナの作成や立体出力を手掛けている方のようですが…
な、なんだコレは…(◎д◎;

ついでに立体出力といえば
鋼の秘密さんの2010.01.13の記事が…凄すぎるwww
スポンサーサイト



別窓 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ノーマルマップなツール | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | imoceaでスカルプト?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |