FC2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
imoceaでスカルプト?
2010-01-27 Wed 11:45
imoceaという国産のフリーウェアがあります。
以前はRiosという名前で、メタセコの外部レンダラとして良く知られていたソフトです。

フリーなのにポリゴン編集、UV編集、ボーン(しかもウェイトマップ機能あり)、GIレンダラetc.とかなり高機能。
mqoの入出力も可能、とメタセコとの相性も非常に良いんですが、知名度は今ひとつのようなのが残念です。

かくいう私もimocea誕生あたりから知ってはいたものの、あまり触っておりませんでした(作者さんすみません…)。
さっきふと思い出して触っていたのですが、ドキュメントを読んでいると何やら「粘土」機能なるものが…
今まではボーンやレンダラー部分しか触ったことがなかったので、ちょっと試してみました。

imo_nendo_01.png
まずはハイポリな球オブジェクトを用意

imo_nendo_02.png
「粘土」機能をONにしてマウスで落書きしてみました。
おぉ、何だかZBrushっぽいかも…

imo_nendo_03.png
ブラシのサイズや押し出し量を調整していろいろテスト。
ゲームの背景とか地形なんかに使えそうです。
メタセコでは難しかった表現が簡単にできます。

imo_nendo_04.png
最初の球から10分くらいモコモコ弄っていたら顔っぽい?ものが出来ました。
(センスねぇな自分…)

imo_nendo_00.png
●操作ダイアログ
「移動」:押し出し量。マイナスにすると凹ませることができます。
「移動範囲」:ブラシのサイズ。
「スムース強度」:「スムージング」時のウェイト(メタセコでいうところの「頂点を平ら・でこぼこにする」の「重み」ですな。)

基本的に「法線方向に移動」で凹凸を付け、スムージングでならす、を繰り返す形になると思います。
(とりあえずマウスでグリグリやってればすぐに使い方がわかると思います)。
スムージング時は「重ね塗り」をONにすると楽です。

出来上がったオブジェクトをmqo形式で保存すれば、そのままメタセコに持ってくる事も可能です。
リトポロジーとかできないとメタセコでそのまま利用するのは難しい気もしますが、ヴィネットの背景を作る時なんかに重宝するかもしれません。

今まで自分は岩や有機形状オブジェクトの作成はメタボールや「Noise」プラグインを使っていたんですが、よほど簡単に作れます。
というか、モコモコいじる感覚が本当に粘土をコネコネしているみたいで楽しいです。

服にシワをつけて「日本ベイク工業」でテクスチャに焼付けしたり、法線マップ作ったり…とかの中間作業にも使えますね。
メタセコだとシワ作りもけっこう大変なので、これは使えるかも (  ̄ー ̄)+


→imocea公式
http://www.junkshed.net/index.html
スポンサーサイト
別窓 | Metasequoia | コメント:0 | トラックバック:0
<<全容が把握できません | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | 久々にHDRI関係>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。