FC2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
アソパソマソ
2009-12-22 Tue 16:38
曲面化を使ったモデリングについて
※基本技法なのでモデリングテク系のサイトや書籍に載ってるかと思いますが、とりあえずおさらいで…

まずは基本図形から立方体を作り、カトマルで曲面化。
角が丸まるので、曲面化のレベルを上げると、立方体は徐々に球体化して行きます。

Catmull_Anpan_01.png
(左から曲面化なし、Catmull-Clark 2、4、8、16)

Catmull_Anpan_02.png Catmull_Anpan_03.png
(曲面フリーズ後。Catmull-Clark レベル4以上ではほぼ完全に球面になっています)

これをフリーズすると、「球体化した立方体」が出来上がります。
この状態の球体は、基本図形の「球」に比べて
・四角面だけで構成されているため、再度曲面化した際に歪まない
・テクスチャの貼り込みが簡単

といった利点があり、キャラモデリングの際に顔や身体のベースとして使うのに向いています。

Catmull_Anpan_04.png
(同サイズの球との比較。立方体ベースの球は三角面が使われていません)

立方体の各面を正面・側面・頭・後頭部などと考えれば、それぞれに別のテクスチャを貼る事もできますし、一枚絵でUVを貼る際にも位置の把握が簡単に出来ます。




などと偉そうな事を言いましたが、自作モデルを晒すのもアレなので、
勢いだけで3分でできる超お手軽アンパンマン
を作ってみたいと思います。
(前置きとほとんど関係ないですスマソ)

1.材料として「基本図形の立方体」「アンパンマンの顔絵」を用意して下さい。

Catmull_Anpan_05.pngCatmull_Anpan_06.png
2.立方体を曲面化(今回はカトマル8を使用)

Catmull_Anpan_07.pngCatmull_Anpan_08.png
3.視点を「正面」に切り替えます。
下絵に顔絵を表示させて、「拡大」コマンドで2の球体を縦横に拡大、下絵に輪郭を合わせます。

Catmull_Anpan_09.png
4.材質パネルから、「模様」に顔絵を貼ります。

Catmull_Anpan_10.pngCatmull_Anpan_11.png
5.「UV」コマンドを開き、そのまま「焼き込み」でUVを焼き付けます。
これでベースは完成(笑)



Catmull_Anpan_12.pngCatmull_Anpan_13.png
横から見ると不要な部分にテクスチャが貼られていたり、アラが見えてしまっているので、不要部分を選択して、画面端の方に「焼き込み」
Catmull_Anpan_14.png
これを「単一化」して、肌色部分に移動させます。


Catmull_Anpan_15.png
お好みで微調整して完成w



…とかなり乱暴な方法ですが、こういった小物のモデリングならこんな感じでやると早いかなぁ…と。
あ、ちなみに最初の方で書いた面ごとのテクスチャ貼りの方法を使うべきなんでしたね、わかってます。
その場合は正面からテクスチャを貼り込んで、こんな感じになります。

Catmull_Anpan_11_2.png
スポンサーサイト
別窓 | 曲面制御 | コメント:0 | トラックバック:0
<<鏡面反射について | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | 三つ編みを作ってみた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。