fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
メタセコでの光源設定
2009-07-24 Fri 16:17
メタセコイアはβ版のver.11以降で複数光源機能を仮実装しています。

この記事は複数光源を使える状態を想定して書かれていますので、まずはメタセコ公式サイト(http://www.metaseq.net/index.html)のベータサイトから、ver2.5 BETAをダウンロードして下さい。

※この時、有償版を先にインストールしなければなりませんが、ライセンスを購入しなくても使用(試用)は可能です。
プラグインや一部の機能が制限されますが、実際には無償版のLEよりも遥かに使いやすいと思います。
もちろん\5,000という価格に見合う以上の機能が使えるので、迷わずレジストすることを強くオススメしますがw




①オブジェクトを配置
基本図形・球を作成

とりあえずは基本図形の球を配置してみました。
この時点では、画面左下の「照光」の光源設定が反映されています。




②光源を作成
基本図形・球を作成

次に画面右のオブジェクトパネルの「新規」ボタンを押し、空のオブジェクトを作成します(理由は後述)。

このオブジェクトの設定を開き、「基本情報」の「タイプ」をクリックすると、「モデル」「点光源」「平行光源」の3つが選べます。
・モデル→普通のオブジェクトです。
・点光源→電球や蝋燭のように、ある一点から放射状に光を放つ光源になります。
・平行光源→これまでの「照光」で設定していたものと同じく、向きを指定して照らす光源になります。
とりあえず「点光源」を選んでみます。



③点光源の配置
基本図形・球を作成

突然球が真っ黒になりますがあわてる必要はありませんw
光源オブジェクトを配置すると基本照明がOFFになり、光源オブジェクトだけが照明として機能します。
…で、配置した「点光源」はどこへ行ったのかと言うと、座標(0,0,0)に配置されています(球の中です)。



④光源の移動
基本図形・球を作成

光源の移動には「ローカル」コマンドを使います。
まずはコマンドパネルの「ローカル」→「移動」を押し、出てきたハンドルを移動させて球の外に出してやると、球が光源で照らされます。

光の強さはオブジェクトの設定ダイアログの「光強度」で指定します。
点光源は方向性を持たず、範囲内の物体全てを照らすので、オブジェクトの向きは関係ありません。



⑤「平行光源」の配置

同じ手順で「平行光源」のオブジェクトを作成してみます。
配置時点では画面に変化は無いように見えますが、実際にはZ軸の-方向から照らされています。
透視図を回転させると、球の背面に照明が当たっています。
 ↓
基本図形・球を作成



⑥「平行光源」の移動
「ローカル」コマンドの「回転」を使って回してやると、球に当たる光の向きが変わります。
 ↓
基本図形・球を作成

「平行光源」は基本の照明設定「照光」が複数置けるようになったもので、光源自体の位置は関係ないようです。
なので光源自体は原点に置き、ローカルの角度だけで調整するのがよいでしょう。

オブジェクトの設定には「光強度」「照明距離」「半減距離」の3つのパラメタがありますが、(β12の時点では)「光強度」だけが反映されているようです。
現時点では特定のオブジェクトだけを照らしたり、照射範囲を絞ったスポットライトの様な光源はありませんが、以降のバージョンで順次追加されるのではないでしょうか。



⑦光源の管理
②で空のオブジェクトを使った理由ですが、光源オブジェクトが面を持っていた場合、光源に指定しても「モデル」としてレンダリングされてしまうためです。

空のオブジェクトであっても、よく見るとローカルの中心を示す小さな座標軸が表示されています。
しかし光源を複数配置すると、それぞれの位置や向きがわかりづらくなってしまいます。
そういった場合には、「面の生成」→「辺」を使ってワイヤーだけのオブジェクトを作成し、それを光源として使うと把握しやすくなります。
ワイヤーだけで構成されたオブジェクトはレンダリングされないので、出来上がりの絵には表示されません。
 ↓
基本図形・球を作成

こんな感じのガイド用オブジェクトを作っておくと、照明の配置時に重宝します。
左が点光源用、右が平行光源用です。



⑧光源の色
基本図形・球を作成

上のガイドを使って複数の照明を配置した図です。
各光源の色と、球や床に当たる照明色の違いがわかると思います。
これを変更するにはオブジェクトの設定画面を開き、オブジェクト名の横にある□をクリックすると色設定ダイアログが出ます。
 ↓
基本図形・球を作成


ここで設定された色が光源の色になり、照らされるオブジェクトの色に影響を与えます
(材質設定は照明色には反映されません)。
ガイド用オブジェクトも色が変わるので、どの色の照明がどこから当たっているかがわかりやすいんじゃないかと思われますw
スポンサーサイト



別窓 | 複数光源 | コメント:0 | トラックバック:0
<<vidro アートスタイル/描画スタイル | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | vidro TIPS>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |