fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
vidro copy ver 1.0
2009-10-28 Wed 14:13
私はメタセコ+vidroという組み合わせで使っているのですが、マテリアルや光源の設定を使い回したい場合には「vdrファイルをテキストエディタで開いてコピペ」でやっていました。

同じ材質設定のモデルであっても一々これをやらなくてはならないので、結構な手間です。
簡単に材質を移行できないかなぁ…と思っていたけど、vidroにもMetasequoiaにも責任がないことなので、待っていても解決しません。
…なもんで、vdrファイル間で項目をコピーするアプリをちゃちゃっと作ってみました。
材質の他にもあったらいいかな…という機能を少し足してあります。

vdrcopy1_0.png



コピー元のvdrファイルから操作先のvdrファイルに各設定をコピーします。
一部の設定以外は上書きで、操作先にある設定は破棄されます。
内容は見ればわかると思いますが…

「全マテリアルをコピー」
 材質設定を丸ごと写します。
 操作先にある材質設定は破棄され、コピー元のマテリアルに置き換わります。

「同名マテリアルをコピー」
 コピー元と操作先の同名マテリアル間でだけ設定をコピーします。

「視点をコピー」
 視点設定「new Eye」以下の設定を丸ごとコピーします。

「点光源・平行光源をコピー」
 操作先に光源設定がある場合は破棄され、コピー元のものと置き換えられます。

「天球光源をコピー」
 weightと天球光源ファイルがコピーされます。

「天球光源をフルパス指定」
 操作先の天球光源ファイルを指定のパスで置き換えます。

「apply」
 指定の設定で「操作先」のvdrファイルに書き込みます。
 確認無しの上書き保存で、undoはできません。ご注意。

「vidroへ送る」
 おまけ機能で、 「操作先」のvdrファイルでvidroを起動します。
 フォルダを開くのが面倒な時に使って下さい。
 ※「apply」で保存しないと各項目は変わらないので注意。
 初回起動時にvidro.exeの場所を聞いてきます。
 後で変更したい場合にはvdrcopy本体と同じフォルダにある「setting.inf」を編集するか削除して下さい。

○インストール
 解凍してできたフォルダを好きな所に置いて下さい。
○アンインストール
 フォルダごと削除して下さい。
 レジストリや他のフォルダは汚しません。
○使用上の注意
 動作確認はWindowsXP Professional SP3、[091022]版vidroです。
 他のOSや古いバージョンのvidroで保存したvdrファイル、また手書きで保存したvdrファイルでは不具合が出る可能性があります。
 特に旧バージョンや今後の新バージョンのvidroではvdrファイルの内容が違う場合があるので、不具合の出る可能性が高いです。 
 それ以外でもバグが結構ある可能性はあります。
 基本的に自分用に作ったものであり、まだテスト段階のものなので、その辺りはご了承下さい。

 バグ報告や要望は(匿名で結構ですので)コメント欄にお願いします。
 感想なんかもお気軽にどうぞw

ダウンロードはこちらから→download
スポンサーサイト



別窓 | 自作ソフト | コメント:1 | トラックバック:0
<<マテリアル「鈍い鏡面」サンプル | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | お詫び>>
この記事のコメント
ありがたく利用させていただきます。
こんなソフトを待ってましたw
メタセコイアのほうのプラグインはかなり自由度が低いので…
毎回毎回レンダリング⇒モデルの訂正⇒レンダリング⇒モデルの訂正を繰り返していたので、マテリアルの再設定とかかなり不便してたので、これで作業効率がぐんと上がってくれると思いますw

ところで、マテリアルやモデルは同じ状態で視点だけを変えたいときに不便に視点だけ変えるためにメタセコイア起動して再設定する、ていうのがかなり面倒くさいとおもうのですが、なにか解決方法ありますかね?
2011-04-04 Mon 20:38 | URL | にのすけ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |