FC2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2D絵→3D絵
2010-09-06 Mon 10:07
最近かなり仕事が忙しいのですが、合間を縫ってモデリング中。

パイルぬこ 鞭ぬこ
vidroでテストレンダ
(例によってライティングと質感はかなり適当…)

爪以外の装備も少し作りました(ざっくりと…ですが)。

この画像はkeynoteでポーズを付けています。
鞭の方のモデルはMMDの方でも動かしており、
現在は物理演算を調整している最中です。

そちらの苦戦状況も近い内にうpしますwww


S型トイボットがある程度形になってきたので、並行してL型トイボットも作り始めることにしました。

今回はその作成状況をざっくりとリポってみます


①下絵
L-001_1

まずは下絵用に、元画像を板ポリに貼りつけます。
板ポリのサイズは元画像のサイズ(300x240)に合わせてあります。


②概形作成
L-001_2

「基本図形の作成」で四角・円柱・球等のプリミティブを作り、「ローカル」で角度や大きさを下絵に合わせます。
脚・ボディ等、角度が同一と思われる部位ごとにこれを作り、複製しながらざっくりと形を作ります。

S型(ぬこ)を作っていた時は点と線で下絵をなぞって作っていた時もありましたが、
この方法が一番楽で破綻も少ないです。


③分割
L-001_3

「ナイフ」でポイントを追加しながら、各パーツを調整。
編集オプションを「ローカル」にした「移動」コマンドで頂点や線を移動したり、「拡大/縮小」で幅(線の長さ)を変えたり…
ローカルの向きを崩さないように編集作業を行ないます。

元絵のパースの関係でパーツの厚みや奥行きが分かりづらいので、
複製したパーツをローカルで回転・移動させて反対側(右←→左)を参照しながら調整。


④プラグインで楽にやろう
L-001_4

③の作業を楽にするため、「Ko-Taのバ・ー・ルのようなもの」さんで配布している
ObjectComposit」というプラグインを使っています。

画面右下の四角い枠に囲まれている部分が、左側のオブジェクトの虚像です。
左側の元モデルを編集すると、この枠内のオブジェクトもリアルタイムに変形します。
これを利用して厚みや奥行き等を調整し、バランスを取って行きます。

元オブジェクトとは個別にローカル軸やサイズを設定できるので、今回のようにパースや角度が違う画像を元にモデリングする時にはとっても便利です♪

※僕は基本機能の「鏡面」を、好きな角度・サイズで複製できる…という感じで使っています。
虚像はサイズや形を変えたモノを複数表示して、リアルタイムで一括編集、編集後のフリーズ等も可能。
どちらかというと、背景オブジェクトやモブの作成を想定したプラグインのようです。

でもいろいろと使い途はありそうなので、どうぞお試しをw


…以下、作業は現在進行(停滞)中…
スポンサーサイト
別窓 | Metasequoia | コメント:0 | トラックバック:0
<<blender…か… | Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | MMDなるものを使ってみた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。