fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
プラグインを勝手に紹介・アメノツキ様
2010-02-12 Fri 12:15
メタセコをレジストした時にある程度まとめて落したんですが、最近のサイト閉鎖続きで取り逃したプラグインもけっこうあった事に気付きました。
しばらくモデリング方面に時間を割けないので、新しめのプラグイン探しでもやろうかと思います。



かなり前にメタセコのマテリアル編集するソフトを作ってるとか書きましたが、同機能のプラグインがかなり以前からあったんですね。
以下、勝手に紹介させて頂きます。

アメノツキ (amenotuki様)
http://www.rainymoon.net/

こちらで「MaterialEditor」というプラグインが公開されています。
複数の材質設定を項目ごとに一括で変更できるようです。
プラグインで出来るのであれば、僕がヘンなモノを作る必要はないですね(バリバリ放置中でしたが…)。

WireColorEditor」はワイヤの表示色を一括で変更できるので、パートごとにワイヤの色を変更したりとかできますね。
あと、複数光源関係の照光色の管理に便利だと思います。

一かたまりのオブジェクトを非接続部分で自動的に分離する「Separate」というモノもありました。

こういう手間のかかる作業を自動化してくれるプラグインってすごくありがたいですね。
これからも便利なプラグインを考案して下さることを期待しております。
スポンサーサイト



別窓 | プラグイン | コメント:0 | トラックバック:0
keynoteとの戦い
2010-01-20 Wed 17:09
例のウイングマンをkeynoteでポーズ付けしていたのですが、データを修正していたらポーズデータが破損して読み込めなくなってしまいました(UV貼っただけなのに…)。
いや、出来てもいないオブジェクトにボーン仕込んだりポーズ付けたりして、後からアレコレ弄ってる僕が悪いんです。
予想の範囲内です(T-T)
とりあえずはメタセコの自動バックアップから復元します。
それにしても、mqxファイルの参照規則が今一つわかりませんな。
単純にmqoと名前を合わせても読んでくれないんだよね…



とりあえず復元作業に。
無事なmqoとポーズ破損後のmqoでメタセコを複数起動して並べ、ボーン選択してコピペ。
これでポーズデータが移植出来ます。
でも二画面ボーンモードにするとけっこう重い…

※ちなみにこの方法は異データ間でオブジェクトを移植する時、たまに使ってます。
必要なデータだけ移植できるので、不要なデータを削除→別ファイルに保存→開き直してオブジェクト挿入、とかしなくても良いので便利です(豆)



そんな時によそ様のブログを覗いていたら、同じようにポーズデータ破損に悩んでいるという書き込みが…。
それを読んでいると、ふと
「keynoteのポーズデータはクリップボード経由で貼付け可、中身はテキストデータ」
とヘルプのどこかに書いてあったな…と思い出し、ポーズをコピーしてテキストエディタに貼りつけてみました。

結果…
これをpasteすると、見事にポーズ復元。

あれ?というかこれを保存しておけば、データ破損に怯えずにポーズデータのライブラリが作れるんじゃまいか?
しかも同じボーン構造が同じなら、別のmqoに簡単にポーズを移植する事もできる?
というか、ボーンの材質名の所を変えてやれば、全く別モデルにも移植できる?
(いや、ボーン自体の角度が違うとズレますw)。

必要に応じてポーズデータを保存/呼び出しする補助アプリとか、材質名を変換するコンバータとか、HSPなら簡単に作れそうだな…なんて思ったり。
え?プラグイン?何の事???

ちなみにsceneモードでの視点データもよく壊れるんですが、mqxを覗いてみると、意外と簡単な形式で保存されいるみたい。
これは保存/復元する事もできそうですね。
あとは四角錐をカメラオブジェクトに見立てて視点制御に反映させるとか…
え?プラグ(ry

ついでに床オブジェクトに足を接地させる方法なんて重力制御っぽい方法も思いついたんですが、これはさすがにプラグインじゃないといろいろと面倒そう…

まぁ、あまり手を広げるといっぱいいっぱいになるので、考えるだけでやめにしますw

あ、ちなみに覗いてた先はこちら。
http://nora3d.blog68.fc2.com/
メタセコに限らず他ソフトとかpythonとか、いろいろと勉強になります。…女の子が僕好みですw
別窓 | プラグイン | コメント:2 | トラックバック:0
| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |