fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
2D絵→3D絵
2010-09-06 Mon 10:07
最近かなり仕事が忙しいのですが、合間を縫ってモデリング中。

パイルぬこ 鞭ぬこ
vidroでテストレンダ
(例によってライティングと質感はかなり適当…)

爪以外の装備も少し作りました(ざっくりと…ですが)。

この画像はkeynoteでポーズを付けています。
鞭の方のモデルはMMDの方でも動かしており、
現在は物理演算を調整している最中です。

そちらの苦戦状況も近い内にうpしますwww


S型トイボットがある程度形になってきたので、並行してL型トイボットも作り始めることにしました。

今回はその作成状況をざっくりとリポってみます


①下絵
L-001_1

まずは下絵用に、元画像を板ポリに貼りつけます。
板ポリのサイズは元画像のサイズ(300x240)に合わせてあります。


②概形作成
L-001_2

「基本図形の作成」で四角・円柱・球等のプリミティブを作り、「ローカル」で角度や大きさを下絵に合わせます。
脚・ボディ等、角度が同一と思われる部位ごとにこれを作り、複製しながらざっくりと形を作ります。

S型(ぬこ)を作っていた時は点と線で下絵をなぞって作っていた時もありましたが、
この方法が一番楽で破綻も少ないです。


③分割
L-001_3

「ナイフ」でポイントを追加しながら、各パーツを調整。
編集オプションを「ローカル」にした「移動」コマンドで頂点や線を移動したり、「拡大/縮小」で幅(線の長さ)を変えたり…
ローカルの向きを崩さないように編集作業を行ないます。

元絵のパースの関係でパーツの厚みや奥行きが分かりづらいので、
複製したパーツをローカルで回転・移動させて反対側(右←→左)を参照しながら調整。


④プラグインで楽にやろう
L-001_4

③の作業を楽にするため、「Ko-Taのバ・ー・ルのようなもの」さんで配布している
ObjectComposit」というプラグインを使っています。

画面右下の四角い枠に囲まれている部分が、左側のオブジェクトの虚像です。
左側の元モデルを編集すると、この枠内のオブジェクトもリアルタイムに変形します。
これを利用して厚みや奥行き等を調整し、バランスを取って行きます。

元オブジェクトとは個別にローカル軸やサイズを設定できるので、今回のようにパースや角度が違う画像を元にモデリングする時にはとっても便利です♪

※僕は基本機能の「鏡面」を、好きな角度・サイズで複製できる…という感じで使っています。
虚像はサイズや形を変えたモノを複数表示して、リアルタイムで一括編集、編集後のフリーズ等も可能。
どちらかというと、背景オブジェクトやモブの作成を想定したプラグインのようです。

でもいろいろと使い途はありそうなので、どうぞお試しをw


…以下、作業は現在進行(停滞)中…
スポンサーサイト



別窓 | Metasequoia | コメント:0 | トラックバック:0
近況報告―ニーソぬこ
2010-03-23 Tue 09:31
忙しい忙しい言いながら、mixiアプリの「トイボット・ファイターズ」にハマっていたりします。

現在、それに出てくるS型ロボットをモデリング中…

neko2.jpg

まだアウトラインくらいしか出来ていないので、シルエット調の画像ですみません。

いつも曲面化に頼ったミドルポリ路線になってしまうので、今回は曲面化を使わずに作ることを目標にしています。

PS1やDSくらいのローポリで作ろうと思っているのですが、順調にポリ数が増えてしまってます…


メカものはほぼ初挑戦ですが、ローカル座標がこんなに便利なものだとは思いませんでした
(というか、ローカル使わずに作るのは無理)。


個人的な趣味でネコ耳ヘッドと肉球クローを装備したロボットです。

機体名「ニーソぬこ」で出撃しておりますので、もし見かけたら生温く見守ってやって下さいwww
別窓 | gallery | コメント:0 | トラックバック:0
ノーマルマップなツール
2010-02-02 Tue 10:48
前にチラッと触れたハイポリの法線情報をローポリに移植するという方法なんですが、メタセコだと「日本ベイク工業」というプラグインに法線マップ作成機能があります。

UV設定したオブジェクトをimoceaに読み込み
→メッシュ細分化
→「粘土」で凹凸付け
→ベイク工業でマップ作成

これでノーマルマップを作ればハイポリモデル並みの凹凸情報を持ったローポリモデルが…
と思ったんですが、実際に試してみるとUVの継ぎ目が目立つetc.いろいろと難しい面がありました。

ゲーム等でリアルタイムレンダをやるわけではなければ必要ないっちゃ必要ないです。
でも服のシワをテクスチャに焼き込むなんてのはローポリでも役立つ方法なので、何とかならんかなぁ…
とネットで調べていたのですが、どこを見てもZBrush、ZBrush、ZBrush…
ん~、統合ソフトは買えないまでも、ZBrushくらいの値段なら…とかちょっと考えてしまったのですが、ペンタブなんかも必要だろうし、そこまで本格的にやる気合ないんですよね、自分…

そんな時に見つけたのがこのツールです

「xNormal」
http://www.xnormal.net/

ハイポリオブジェとローポリオブジェを読み込んで、その差分ノーマルマップを吐いてくれたりします。
UV境界の処理も調整できるので、継ぎ目が目立たないマップを作ることも出来ました。
しかも一回の処理でノーマル、ハイト、AO…とか、いろんなテクスチャを作ってくれたりします。

[Baking Option]
xnormal00.png

バンプマップ→ノーマルマップへの変換については以前GIMPを使った方法を書いたのですが、その辺の機能も当然ついています。
ディスプレイスとか、他のよくわからん機能も付いてますね。

[TOOL]
xnormal01.png

本当はいつものようにいろいろ試してレポろうと思ったのですが…
時間が無いのと、ぶっちゃけ英語表記なので機能や操作方法が今ひとつ掴みきれません
…どなたかレポってくれないもんでしょうか (=_=;



ちなみに自分の弁護のためにボヤキますが、全然英語が出来ないわけではありません。
その昔、某港町で某家電量販店の販売員をやっていた時代がありました。
場所がら外国人がかなり多く来る店で、当時はデジカメやパソコンなんかを毎日ガシガシ売って数字を稼いでました(外人応対は専属でやらされてました)。
そんなわけで日常会話レベルの英語はできるんだけど、英文を読むのはものっすごく苦痛なんですよね…なんでだろう(苦)
別窓 | 独り言 | コメント:1 | トラックバック:0
imoceaでスカルプト?
2010-01-27 Wed 11:45
imoceaという国産のフリーウェアがあります。
以前はRiosという名前で、メタセコの外部レンダラとして良く知られていたソフトです。

フリーなのにポリゴン編集、UV編集、ボーン(しかもウェイトマップ機能あり)、GIレンダラetc.とかなり高機能。
mqoの入出力も可能、とメタセコとの相性も非常に良いんですが、知名度は今ひとつのようなのが残念です。

かくいう私もimocea誕生あたりから知ってはいたものの、あまり触っておりませんでした(作者さんすみません…)。
さっきふと思い出して触っていたのですが、ドキュメントを読んでいると何やら「粘土」機能なるものが…
今まではボーンやレンダラー部分しか触ったことがなかったので、ちょっと試してみました。

imo_nendo_01.png
まずはハイポリな球オブジェクトを用意

imo_nendo_02.png
「粘土」機能をONにしてマウスで落書きしてみました。
おぉ、何だかZBrushっぽいかも…

imo_nendo_03.png
ブラシのサイズや押し出し量を調整していろいろテスト。
ゲームの背景とか地形なんかに使えそうです。
メタセコでは難しかった表現が簡単にできます。

imo_nendo_04.png
最初の球から10分くらいモコモコ弄っていたら顔っぽい?ものが出来ました。
(センスねぇな自分…)

imo_nendo_00.png
●操作ダイアログ
「移動」:押し出し量。マイナスにすると凹ませることができます。
「移動範囲」:ブラシのサイズ。
「スムース強度」:「スムージング」時のウェイト(メタセコでいうところの「頂点を平ら・でこぼこにする」の「重み」ですな。)

基本的に「法線方向に移動」で凹凸を付け、スムージングでならす、を繰り返す形になると思います。
(とりあえずマウスでグリグリやってればすぐに使い方がわかると思います)。
スムージング時は「重ね塗り」をONにすると楽です。

出来上がったオブジェクトをmqo形式で保存すれば、そのままメタセコに持ってくる事も可能です。
リトポロジーとかできないとメタセコでそのまま利用するのは難しい気もしますが、ヴィネットの背景を作る時なんかに重宝するかもしれません。

今まで自分は岩や有機形状オブジェクトの作成はメタボールや「Noise」プラグインを使っていたんですが、よほど簡単に作れます。
というか、モコモコいじる感覚が本当に粘土をコネコネしているみたいで楽しいです。

服にシワをつけて「日本ベイク工業」でテクスチャに焼付けしたり、法線マップ作ったり…とかの中間作業にも使えますね。
メタセコだとシワ作りもけっこう大変なので、これは使えるかも (  ̄ー ̄)+


→imocea公式
http://www.junkshed.net/index.html
別窓 | Metasequoia | コメント:0 | トラックバック:0
またサボっとるがな…
2010-01-15 Fri 13:21
wingman_001.png

前に言ってたウイングマン、ちゃんと作ってますよ。忘れてませんよw
C++の勉強する気分じゃなかったので、倉庫から掘り起こしてきて昼休みにいじってたんですが…

細かい部分どころかバランスもぜんぜん取っていませんが、とりあえずボーンだけ先に入れちゃいました。
ポーズ取れるようになるとモチベーションが上がるので、あまり良くないんじゃないかなぁ…とか思いつつもボーンは早めに入れてしまいます。

動かした方がアラも見えてくるし、どうせ後からいろいろ調整するんなら先に入れたって同じだもんねww
別窓 | gallery | コメント:2 | トラックバック:0
| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ | NEXT