fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
トゥーンレンダ NPR/ライティングトーンについて
2009-08-18 Tue 13:16
ノンフォトリアルレンダのライティングトーンの設定についてです。

lt_diag.png

「ノンフォトリアル」表示にして「ライティングトーン」のダイアログを開くと、一番上に「Min Color」「Max Color」という表示があります。
これはライティングの陰影階調の適用割合で、シャドウ~ハイライトが0~2の範囲だと思って下さい。

その下にグラデーションがあり、三角のスライダが両端についています。
このスライダをクリックして「カラー」欄のRGBを見ると、それぞれ 0.5 と 1.5 となっており、デフォ設定では0.5~1.5の範囲でライティングのトーンが設定されているのがわかります。

トゥーンの階調設定はこのグラデーションを操作して行います。
左側のリストはマテリアルの一覧で、個別にトーンの設定ができますが、ライティングトーンに関してはShift+クリックやドラッグでマテリアルを一括選択し、画像全体のトーンを変更した方が良いと思います。




では、試しに全体のライティングトーンを変更してみます。

cg3_def.png
フォトリアル表示

cg3_def_npr.png cg3_lt10all.png
左:Min0.5~Max1.5(デフォ)、右:Min=Max=1.0

cg3_lt15all.png cg3_lt20all.png
左:Min=Max=1.5、右:Min=Max=2.0




ちなみにカラーのMin・Maxを1.0の時に輪郭線非表示にすると、「マテリアルカラー」表示と全く同じになります。
 cg3_line.pngcg3_mtc.png
(左:輪郭線、右:マテリアルカラー)
cg3_mtc+line.pngcg3_lt10all.png
(左:輪郭線+マテリアルカラーの合成、右:Min=Max=0のノンフォトリアル)




cg3_lt_colorlight.png
このようにライティングの色を変更することもできます。

cg3_lt_3gra.png
グラデーションをカスタマイズすると、このようにセルアニメ風の塗りも行えます。
スポンサーサイト



別窓 | [アートスタイル]について | コメント:0 | トラックバック:0
トゥーンレンダ NPRについて
2009-08-18 Tue 13:14
vidroのノンフォトリアリスティックレンダリング(以下NPR)の設定に「ビュートーン」「ライティングトーン」があります。

この2つのトーン設定について、マニュアルでは

ビュートーン
テクスチャや他のライティングを含めたそのサーフェスにおける最終的な輝度値にNPR変換が行われる

ライティングトーン
テクスチャを含まない拡散反射光のみにNPR変換が行われる


となっています。
これを読んだだけでピンと来たら、この先は読まなくていいと思いますw

実際のところ、「アートスタイル」で「ノンフォトリアル」表示にした場合に関係があるのは、この内の「輪郭線」「ライティングトーン」だけです。

試しに手元のファイルをvidroで開き、「ノンフォトリアル」表示にしてトーン設定を開いてみて下さい。

「濃さ」という欄がトーン設定の適用率ですが、ライティングトーンは「濃さ」のRGBが「1」になっているのに対し、ビュートーンは「濃さ」が全て「0」になっています。
つまりビュートーンは通常OFFになっており、NPR時の階調変換を行っているのはライティングトーンです。

…等々、説明が長くなりそうなので、今日はノンフォト時の設定について、個別にザザっと書いてみようと思います。
別窓 | [アートスタイル]について | コメント:0 | トラックバック:0
| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |