fc2ブログ
3DCGについての初心者向けTipsなんか
トゥーンレンダ NPR/ライティングトーンについて
2009-08-18 Tue 13:16
ノンフォトリアルレンダのライティングトーンの設定についてです。

lt_diag.png

「ノンフォトリアル」表示にして「ライティングトーン」のダイアログを開くと、一番上に「Min Color」「Max Color」という表示があります。
これはライティングの陰影階調の適用割合で、シャドウ~ハイライトが0~2の範囲だと思って下さい。

その下にグラデーションがあり、三角のスライダが両端についています。
このスライダをクリックして「カラー」欄のRGBを見ると、それぞれ 0.5 と 1.5 となっており、デフォ設定では0.5~1.5の範囲でライティングのトーンが設定されているのがわかります。

トゥーンの階調設定はこのグラデーションを操作して行います。
左側のリストはマテリアルの一覧で、個別にトーンの設定ができますが、ライティングトーンに関してはShift+クリックやドラッグでマテリアルを一括選択し、画像全体のトーンを変更した方が良いと思います。




では、試しに全体のライティングトーンを変更してみます。

cg3_def.png
フォトリアル表示

cg3_def_npr.png cg3_lt10all.png
左:Min0.5~Max1.5(デフォ)、右:Min=Max=1.0

cg3_lt15all.png cg3_lt20all.png
左:Min=Max=1.5、右:Min=Max=2.0




ちなみにカラーのMin・Maxを1.0の時に輪郭線非表示にすると、「マテリアルカラー」表示と全く同じになります。
 cg3_line.pngcg3_mtc.png
(左:輪郭線、右:マテリアルカラー)
cg3_mtc+line.pngcg3_lt10all.png
(左:輪郭線+マテリアルカラーの合成、右:Min=Max=0のノンフォトリアル)




cg3_lt_colorlight.png
このようにライティングの色を変更することもできます。

cg3_lt_3gra.png
グラデーションをカスタマイズすると、このようにセルアニメ風の塗りも行えます。
スポンサーサイト



別窓 | [アートスタイル]について | コメント:0 | トラックバック:0
vidro シーン:眼
2009-07-27 Mon 09:27
シーン>眼

vidro_eye.jpg

視線
※メタセコの投影図がそのまま反映されるため、特に設定を変える必要はありません。

視点
カメラがある座標

注視点
カメラの焦点が合っている座標です。

上方向
カメラの縦軸を設定します。
デフォではY軸の正方向が上(Y=1)に設定されていますが、Y=-1にすると上下反転した状態、X軸やZ軸を1にすると傾いた画像になります。
※あくまでもカメラの角度が変わるだけなので、背景・光源・オブジェクトの位置関係は変わりません。

クリップ距離
視点~注視点の間に障害物がある場合、視点からこの数値までの離にある物は無視されます。
マイナスの値を入力すると、カメラの背後にあるオブジェクトも描画されることになります。



視野角
※メタセコの投影図がそのまま反映されるため、特に設定を変える必要はありません。

フィルムサイズ」  デフォルト値=0.024
レンダリング画面をカメラのフィルムに見立てた場合の大きさ(像が投影される部分のサイズ)です。
0.012では画面に投影される範囲が半分になる=像を2倍に拡大した状態
0.048では画面に投影される範囲が倍になる=像自体は1/2に縮小された状態
になります。
変更の必要性はありませんが、焦点距離等を変更せずに拡大・縮小したい時に使えます。

焦点距離」  基準値=0.050
いわゆる「画角」で、0.050を基準にズーム/広角の度合いを指定します。



被写界深度
いわゆるDOF。
焦点位置とオブジェクトの位置関係によるピンボケ状態を表現したい場合に設定します。
レンダリング時間は長くなるようです。

F値」  デフォルト値=1.4/∞
デフォの「無限大」の状態では、距離に関係なく全てのオブジェクトに
焦点が合った状態でレンダリングされます。
値を小さくすると、焦点位置から遠いほどボケが大きくなります。
別窓 | [シーン]について | コメント:0 | トラックバック:0
| Aether 「哀愁の昼休みモデラー」のブログ |